伊勢谷亜耶子の経歴や出身高校や大学は?結婚と年収についても調査!

不動産メディア「cowcamo」の編集長、伊勢谷亜耶子さんをご存知でしょうか?

伊勢谷亜耶子さんは、中古リノベーション物件を紹介するエキスパートとしてメディアでも取り上げられるほど今、注目を浴びています。

不動産業界歴はなんと10年以上。

そんな伊勢谷亜耶子さんの経歴は?プロフィールは?高校や大学はどこ?結婚しているの?年収は?

とネットで検索急上昇!!

そこで、今回は、

  • 伊勢谷亜耶子の経歴は?
  • 伊勢谷亜耶子のプロフィール
  • 伊勢谷亜耶子の学歴は?(高校、大学について)
  • 伊勢谷亜耶子は結婚してる?
  • 伊勢谷亜耶子の年収は?

についてご紹介します。

伊勢谷亜耶子さんの魅力が伝わる内容盛りだくさんとなっていますので、

ぜひ最後までチェックしてみてください。

伊勢谷亜耶子の経歴は?

伊勢谷亜耶子さんの経歴についてご紹介します。

  • 伊勢谷亜耶子さんが家について興味を持ったのは小学生の頃。
  • 祖母の家をリノベーションして2世帯住宅にして住むことになる。
  • その時に建築士との打ち合わせや内装などを見て自分で決めることが楽しく虜になる。
  • 中学生の時、理想の家の絵で優秀賞を取る。
  • そのことがきっかけで家づくりの才能があると感じる。
  • 建築学部に進学。
  • 大学を卒業後はコスモイニシアに入社。(営業をサポートする部署に配属)
  • 大規模マンションを早期完売するという一大プロジェクトにメンバー入りする。
  • プロジェクトは成功したが、働いていた会社が倒産の危機を向かえて退職。
  • 株式会社ブルースタジオに入社。
  • 中古販売仲介の仕事をして経験したことをもっと多くの方々へ発信したいという想いから、現在のツクルバに入社。
  • カウカモの立ち上げメンバーとして、営業から取材、ライティングなどすべて一人で行い、プロジェクトを進行。
  • カウカモの編集長となり、中古リノベーション物件の紹介や、メディアへの出演。

 

伊勢谷亜耶子さんはお父さんの仕事で

オーストラリアに住んでいましたが、小学3年生の時に帰国しています。

 

小学生にして打ち合わせと内装に興味を持ったことが驚きです。

私が小学生の時は、遊ぶことに必死でした(笑)

 

伊勢谷亜耶子のプロフィール

 

伊勢谷亜耶子さんのプロフィールを見てみましょう。

  • 名前:伊勢谷 亜耶子(いせたに あやこ)
  • 生年月日:1985年
  • 年齢:34歳or35歳
  • 出身地:不明
  • 職業:カウカモ編集長

誕生月が公表されていなので、おそらく34歳か35歳と思われます。

出身地も残念ながら詳しい情報がありませんでした^^;

名前も「いせや」さんかと思いきや「いせたに」さんだったんですね。

 

伊勢谷亜耶子の学歴は?

そんな伊勢谷亜耶子さんの高校と大学を見てみましょう。

高校について

まずは高校から。

伊勢谷亜耶子さんの出身高校は、東京都にある桐朋女子高等学校

桐朋女子高等学校は、中高一貫の私立校です。

伊勢谷亜耶子さんの他にも、

  • 写真家の蜷川実花さん
  • はいだしょうこさん
  • シンクロの元日本代表「小谷実可子」さん

も卒業されています。

 

大学について

そして大学は慶應義塾大学環境情報学部を卒業しています。

高学歴で建築士となると、収入が気になって仕方ないのは私だけでしょうか?(笑)

そちらについては後ほどご紹介します。

 

伊勢谷亜耶子は結婚してる?

伊勢谷亜耶子さんは現在結婚されているのでしょうか。

チェックしてみたところ、

結婚されたという情報はありませんでした。

 

年齢も考えると結婚していてもおかしくないですが、

今は仕事に専念したいのかもしれませんね。

 

伊勢谷亜耶子の年収は?

そして、一番気になるのが年収です。

cowcamoの編集長として活躍している伊勢谷亜耶子さんです。

年収はいくらなのでしょうか。

早速チェックしてみました。

 

詳しい情報はありませんでしたが、

一般的な出版社の編集長の場合の年収は1000万円前後です。

 

なので、伊勢谷亜耶子さんの年収は最低でも、1000万円かと思われます。

また分かり次第お伝えします。

 

まとめ

cowcamoの編集長として活躍している伊勢谷亜耶子さんについてご紹介しました。

9月15日のセブンルールに出演予定の伊勢谷亜耶子さん。

編集長になるまで、苦労してきたことが分かりました。

自分のやりたいこと、夢を実現するためには様々な困難にぶつかり、

やっと自分らしい、自分に合った道を見つけるのに遠回りしましたが、

これからの伊勢谷亜耶子さんの活躍に期待です。

最後までご覧いただきありがとうございました。