松原タニシ現在の事故物件はどこ?怪奇現象がやばすぎる?

まだまだ暑い日が続きますね。
こんな暑い時にピッタリ!ゾクっとする話題をお届けします。

2020年8月28日から公開の映画
『事故物件 恐い間取り』

この映画の原作者「松原タニシ」さん。

いわく付きの物件に住んでいることで話題になっていますね!

この映画は実話ということで気になる情報をチェック!

  • 松原タニシ現在の事故物件はどこ?
  • 怪奇現象がやばすぎる?

そして、

  • なぜ事故物件に住みはじめたのか?
  • 松原タニシプロフィール

について調査しました!!

 

松原タニシ現在(2020)の事故物件は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

松原タニシ(@tanishi_m)がシェアした投稿

松原タニシさんは『事故物件住みます芸人』。
現在も事故物件に住んでいらっしゃいます‥。

そのうちの一件は都内にある12畳ワンルームの物件。
ここは、かつて住んでいた男性が亡くなった部屋なのだそうです。

そこでたくさんの人形と一緒に住んでいるそうです‥。
想像しただけでも、何か起きそうで恐ろしい環境です。

ちなみに松原タニシさんは2012年から現在までに
10軒の事故物件に住んできたそうです‥。

普通に考えるとまず住みたくないですし、
住んだ家で恐ろしい経験をしたらもう二度と
事故物件には住みたいとは思いませんよね。
松原タニシさんは本当にすごいです‥。

 

怪奇現象がやばすぎる?

 

この投稿をInstagramで見る

 

松原タニシ(@tanishi_m)がシェアした投稿

松原タニシさんは10軒もの事故物件に
住んできたということで、やばい怪奇現象を
たくさん経験しています。

・トイレから老婆の腐臭‥。
ここの部屋のトイレで以前老婆が孤独死しているのが
発見されている物件。

・部屋の畳が1枚だけ新しいことに違和感を感じてめくると
そこに血痕があった。

・浴室の鏡がなく、あった場所にピンクのペンキが‥。
さらにその下の洗面台の水はけが悪くて割り箸を突っ込んだら
白髪の混じった人の毛がゴッソリ‥。
そしてそれを撮影しようとしたカメラが壊れた。

・閉めたはずの襖が開いていた。

・携帯電話の留守電に「ゴボゴボ‥」という謎の音。

・トイレに入っていたらドアノブがガチャガチャされる。
このエピソードの怖いところはこの物件では殺人事件が起きており、
当時犯人がまだ捕まっていなかったそうです、もしかすると
ドアノブを回していたのは‥。

松原タニシさんは事故物件の仕事については
嘘をつかずに取り組んでいるということで
それを聞くとさらに怖さが増してきますよね。

今回調べて出てきた情報は、きっとほんの一握りだと思います。
映画はもちろんのこと、松原タニシさんの本もチェックして
他にはどんな体験をされているのか知りたくなってきました!

 

松原タニシプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

松原タニシ(@tanishi_m)がシェアした投稿

生年月日 1982年4月28日

年齢 38歳

職業 お笑い芸人

事務所 松竹芸能

 

事故物件に住みはじめたきっかけ

2012年テレビ番組「北野誠のお前ら行くな。」の企画が
きっかけなのだそうです。
「事故物件住みます芸人」になったことで
イベントなどに出る機会が増え、現在に至るそうです。

 

まとめ

以上、「事故物件住みます芸人」松原タニシさんの現在の事故物件はどこ?
怪奇現象がやばすぎる?についての調査でした!

松原タニシさんの事故物件エピソードからこれからも
目が離せません!

ここまで読んでいただきありがとうございました!